HOME > 特許VPSA方式とは > 溶剤回収率
  • 不燃性吸着剤で発熱や爆発なし
  • 重合ガスの回収が可能
  • 溶剤の回収率が高い
  • 乾式システムで排水の心配無し
  • メンテナンスも直接対応で迅速

溶剤の回収率が高い

溶剤の回収率 平均95〜99.9%
SES-VRUは高い回収率を誇ると共に
高品質な液状態でVOCを回収することができます。
回収したVOCを再利用することで原材料購入コストを削減することが可能です。

回収率は物質・ガス濃度によって異なりますが、下記は稼働中の実機における実際のデータです。

ガソリン出荷基地
A社
稼動年数:7年 回収成分:ガソリン
処理流量:1000m3/Hr 平均入口ガス濃度:30vol%
大気放出ガス濃度:0.3vol%以下
99.0%
石油化学工場
B社
稼動年数:6年 回収成分:ベンゼン,ヘキサン,アセトン
処理流量:650m3/Hr 平均入口ガス濃度:5vol% (Total)
大気放出ガス濃度:20ppm以下
99.9%
薬品工場
C社
稼動年数:6年 回収成分:ジクロロメタン,メタノール
処理流量:50m3/Hr 平均入口ガス濃度:15vol% (Total)
大気放出ガス濃度:5ppm以下
99.0%
石油化学工場(船出荷設備)
D社
稼動年数:5年 回収成分:ベンゼン,トルエン,キシレン
処理流量:2800m3/Hr 平均入口ガス濃度:8vol% (Total)
大気放出ガス濃度:20ppm以下
99.9%

例えば、こんなにおトクです

ガソリンのローリー出荷時に発生する
ガソリンベーパーを液回収した場合で見てみましょう。
年間で216klが揮発30,240,000円ロス
ガソリン揮発量の計算条件

(1) 1日の平均ローリー積み込み量: 500 kL/day

(2) ガソリン揮発率
 ・夏 (3ヶ月) : 0.22 %
 ・冬 (3ヶ月) : 0.04 %
 ・その他 (6ヶ月) : 0.11 %

※ 揮発液量/ローリー 積み込み液量×100

回収率が 98% だとすると211klだから年間29,540,000円回収
SES-VRUの導入費用条件

(1) 出資コスト
処理流量 500m3/hr (ガソリン積み込み時) : 70,000,000円

(2) 運転コスト 電力コスト : 真空ポンプ、ガソリンポンプ×2 : 45Kw・h
: 41 kwh×4 hr × 365day ×5円/kwh ≒ 300,000円/年

(3) メンテナンスコスト
真空ポンプ、バルブの分解
: 2,500,000円 / 3年 ≒ 800,000円/年

資本回収期間 ≒ 2.5年

VOC対策のことなら、経験豊富なシステムエンジサービス株式会社にご相談下さい。

  • 排ガス中の溶剤を再利用して無駄をなくしたい!
  • 安全で運用がラクなVOC対策に変えていきたい!
  • どの方式で処理するのがいいか知りたい
  • まず社内で検討するので、概算見積もりが欲しい

お見積り、ご相談は無料です!
日本全国どこでも現場を訪問します

電話:043-350-3730

対応時間:朝9:00〜夜18:00(平日)

無料相談・見積り依頼

システムエンジサービス株式会社の溶剤回収装置 導入実績

国内大手から海外まで
納品実績125件以上の信頼!

もっと見る

お見積り、ご相談は無料!
全国どこでもご訪問します

無料相談・見積り依頼

電話:043-350-3730

対応時間:朝9:00〜夜18:00(平日)

私たちは、VOC対策機器の製作、据付、メンテナンスまで多くのプラントの環境設備に関わってきた技術集団です。貴社工場の実態に合ったVOC対策のアドバイスをいたします。

  • システムエンジサービスの製品カタログPDF