HOME > 溶剤回収装置一覧 > 不活性ガス中の揮発性有機溶剤ガス回収装置(VOC-VRU)
システムエンジサービスの不活性ガス中の揮発性有機溶剤ガス回収装置(VOC-VRU)
不活性ガスを再利用して、コストダウン!

本装置は、不活性ガス中の揮発性有機溶剤ガス(VOC)を回収し、窒素ガスの純度を99.9%まで上げることにより、再利用を可能にします。
有機溶剤と共に多量の不活性ガスを使用している設備では、不活性ガスを回収・再利用することにより収益改善が図れます。
回収できる不活性ガス中の有機溶剤ガス(VOC)としては、VOC-VRUと同一で、ほとんどの溶剤に対応することが出来ます。

回収可能なVOC
●炭化水素系
 ベンゼン
 トルエン
 キシレン
●ハロゲン系
 ジクロロメタン
 テトラクロロエチレン
 クロロフォルム
●アルコール
 メタノール、エタノール
 ブタノール
●ケトン
 アセトン
 メチルエチルケトン
●エステル
 エチルアセテート

※その他の揮発性有機溶剤ガスについてもお気軽にご相談下さい。処理が可能かどうか検討させていただきます。

VOC-VRUの特長

再利用
不活性ガスの再利用が可能なので、コスト削減が図れます!

不活性ガス中の揮発性有機溶剤ガスを回収することで純度が上昇するので、不活性ガスの再利用が可能になります。さらに処理した不活性ガスを再利用する際に起こるプラント内での圧力変動を極力小さくするための、様々な仕組みが導入されています。

安全
不燃性の疎水性吸着剤(シリカゲル)を採用しており、熱源を使用していません。

そのため、可燃性の炭化水素ガスを処理しても爆発や発熱の心配が無く、脱着時に熱源も使用しないため、高い安全性を保つことができます。

しかも吸着剤のメーカー保証は5年、実績での寿命は10年以上と長持ち!

高回収率
EPS(USAの環境保護局)の基準をクリア!

炭化水素ガスの回収率は99%以上です。または、処理済みガス中の炭化水素濃度を1vol%以下とします。

経済的
コンパクトな設備・低い設備投資費

シンプルなプロセスでスキッドマウントされた装置のため、必要敷地面積が狭く、しかも低コストで建設することが可能です。

ドライ運転
ドライ運転だから排水設備要らず!

再生工程においてスチームを使用しないため、スチーム凝縮による水分の発生はありません。排水処理対策は不要です!

法律クリア
大気圧運転だから、高圧ガス保安法の適用外!

炭化水素ガスの吸着は、ほぼ大気圧。再生は、真空圧力で運転します。
だから、高圧ガス保安法の適用は受けません!(日本)

装置の敷地面積

高濃度VOC対応VOC-VRU
700m3/Hr未満 40m2以下(縦3m以上,横5m以上)
700〜1500m3/Hr 100m2以下(縦7m以上,横8m以上)
1500m3/Hr 以上 100m2以上
低濃度大風量VOC対応VOC-VRU(予定)
80m3/min未満 50m2以下(縦4m以上,横5m以上)
80〜250m3/min 120m2以下(縦8m以上,横8m以上)
250m3/min 以上 120m2以上

プロセス概要

プロセス概要

VOC対策のことなら、経験豊富なシステムエンジサービス株式会社にご相談下さい。

  • 排ガス中の溶剤を再利用して無駄をなくしたい!
  • 安全で運用がラクなVOC対策に変えていきたい!
  • どの方式で処理するのがいいか知りたい
  • まず社内で検討するので、概算見積もりが欲しい

お見積り、ご相談は無料です!
日本全国どこでも現場を訪問します

電話:043-350-3730

対応時間:朝9:00〜夜18:00(平日)

無料相談・見積り依頼

お見積り、ご相談は無料!
全国どこでもご訪問します

無料相談・見積り依頼

電話:043-350-3730

対応時間:朝9:00〜夜18:00(平日)

私たちは、VOC対策機器の製作、据付、メンテナンスまで多くのプラントの環境設備に関わってきた技術集団です。貴社工場の実態に合ったVOC対策のアドバイスをいたします。

  • システムエンジサービスの製品カタログPDF