HOME > 溶剤回収装置一覧
炭化水素ガスの回収と再利用に 不活性ガスを回収・再利用するなら 不活性ガスの回収に

各タイプ共通機器構成

主要機器(共通)

A:吸着塔  吸着材を充填する容器です。

B:吸着材(吸着塔の中に入れます) フィードガス中のVOCを吸着させるための吸着材です。
ガス種、濃度、風量によって最適なものを選定します。

C:真空ポンプ  吸着したVOCを脱離させるために使用します。回収液の純度を高めるためにドライタイプのものを使用します。

主要機器(吸収法)
主要機器(吸収法)
①吸収塔

脱離させたVOCを吸収液に吸収させるための容器です。

②供給ポンプ

吸収液を供給するポンプです。

③回収ポンプ

VOCを吸収させた液を払い出すポンプです。

主要機器(冷却法)
主要機器(冷却法)
①クーラ(熱交換器)

脱離させたVOCを液化させるために使用します。

②回収タンク

液化したVOCを回収する容器です。

③回収ポンプ

液化回収したVOCを払い出すポンプです。

その他の必要ユーティリティー

・電気  ・計装空気

場合によって必要な機器

必要に応じて以下の機器を使用します。

フィードクーラ(熱交換器)フィードガスの温度が高く、吸着に悪影響を及ぼす場合に使用します。

コンプレッサー:計装空気が無い場合その供給源として、もしくは精製ガスを加圧して系外に排出する場合に使用します。

ブロワ:フィードガスの発生条件で,差圧が1.5kPaG以下の場合に使用します。

チラー:チラー水、ブライン水が無い場合に使用します

クーリングタワー:VRU内で冷却水を循環させる場合に使用します。

冷却水ポンプ:VRU内で冷却水を循環させる場合に使用します。

場合により必要となるユーティリティー

・冷却水  ・ブライン水  ・窒素

VOC対策のことなら、経験豊富なシステムエンジサービス株式会社にご相談下さい。

  • 排ガス中の溶剤を再利用して無駄をなくしたい!
  • 安全で運用がラクなVOC対策に変えていきたい!
  • どの方式で処理するのがいいか知りたい
  • まず社内で検討するので、概算見積もりが欲しい

お見積り、ご相談は無料です!
日本全国どこでも現場を訪問します

電話:043-350-3730

対応時間:朝9:00〜夜18:00(平日)

無料相談・見積り依頼

お見積り、ご相談は無料!
全国どこでもご訪問します

無料相談・見積り依頼

電話:043-350-3730

対応時間:朝9:00〜夜18:00(平日)

私たちは、VOC対策機器の製作、据付、メンテナンスまで多くのプラントの環境設備に関わってきた技術集団です。貴社工場の実態に合ったVOC対策のアドバイスをいたします。

  • システムエンジサービスの製品カタログPDF